9/29■「教科横断的な学び」について

2020.09.29 09:58:48

〇4年生の児童と幼稚園の園児が交流活動を行いました。

〇4年生が、今、国語科で学習をしている
 「学校についてしょうかいすることを考えよう」という
 単元の学習と関連させて、
 近い将来に入園を控えている幼稚園の子どもたちに、
 実際に城東小学校で取材をしたことを
 お話しして紹介する活動を行いました。
 
〇小学校の「先生たちのこと」「教室のこと」
 「ルールのこと」「学校行事のこと」など
 4年生の児童がチームに分かれて
 小学校のたくさんの情報を園児に説明してくれました。
 
〇なお今回の取り組みは、4年生の児童にとっては
 国語科における「教科書を使った学び」だけでなく
 総合的な学習や特別活動などにも相当する
 「取材活動を行う学び」や「情報を伝える学び」などを
 校内のいろいろな時間や枠組みなどを横断して
 同時並行的に学習活動を展開していったことになります。
〇こういった活動は「教科横断的な学び」と位置づけられ
 これからの新しい学校における教育活動の
 ひとつの目玉スタイルになっていく学習活動です。